MENU
TEL
ホーム > 慰謝料と保障(交通事故)

保障について

交通事故に遭った方で治療費や通院のための交通費がかかることを気にされてなかなか、治療に専念出来ない方も多いというのが現状です。
交通事故治療で、自賠責保険や任意保険を利用して通院した場合は、治療に関する費用、文書化については、休業損害および慰謝料が支払われるので、患者様の負担(治療費)はありません。
あとは患者様の一番通院しやすい時間帯にご来院下さい。

慰謝料について

病院へ通院しているけど全然よくならない…。
転院をした場合、慰謝料はもらえるの?

柔道整復師の運営する接骨院であれば、自賠責保険は整形外科と同じ取り扱いです。
当院は柔道整復師が運営する接骨院ですのでご安心下さい。
※カイロ、気功、整体は民間療法で、治療として認められていません。

 
<慰謝料の計算方法>
自賠責保険の慰謝料は、総治療期間と実通院日数×2を比較して、小さい方に4200円を掛けて求めます。

例)
総治療期間30日で10日の実通院日数では、10日×2×4200円=8万4000円、
総治療期間30日で17日の実通院日数では、30日×4200円×=12万6000円となります。
ご不明点等ございましたら、当院までお問い合わせ下さい。

休業損害について

休業損害は、事故前3ヶ月の給与所得額を90日で割り、1日あたりのあなたの給料の平均額を算出し、
その金額に事故で休業 した日数を掛けて行きます。

例)
3ヶ月の給与所得が90万の場合。
90万÷90日=10,000円(一日あたりの平均額)
あなたの1日の平均給与額が¥10,000であって、事故による休業が30日だった場合
¥10,000/日×30日= ¥300,000 となります。

自賠責保険の場合、1日の平均給与額が¥5,700を下回る場合は¥5,700として
¥19,000を 超える場合は¥19,000として扱います。

休業損害はお勤めになられている方だけでなく、主婦の方も対象です。自分は対象なのかな?
と不安な方も多くいらっしゃいます。お気軽にお問い合わせ下さい。